Home > > 鹿の肉を食べました!しかも、刺身で!

鹿の肉を食べました!しかも、刺身で!

  • 2009-03-27 (金) 0:56

鹿肉の刺身

先日、北海道産の“鹿の肉”を私のいつもお世話になり尊敬するアーティストのM氏より頂戴しました。

鹿の肉ときくとフレンチのジビエ料理を連想し、
いままでは、こってりと煮込むか、焼くかのイメージでしたが・・・。

今回は、なんと!刺身、(シカ刺しっていうのかな?)で食しました!

野性味あふれるのかと思いきや、とても上品で肉臭さはまるでありません、
牛刺しや馬刺しよりもくせがない。
しかも、肉の重みがその大きさに対して、とても重い。
その重さの理由は、肉に含まれるうまみ。
舌触りは、非常にしっとりと良質の本マグロの生の赤身のように、まったりとしています。
醤油に山葵や生姜がポピュラーかと思いますが、私は岩塩で食べました。

肉好きの方なら、より肉のうま味を感じとることが出来ます。

本当に美味!

次回は、今年の11月から来年の2月にシーズ食べる事が出来るそうなので、
今度は、焼酎の初垂れなんかと一緒に舌鼓したいものです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kuraokamikihito.jp/diary/wp-trackback.php?p=20
Listed below are links to weblogs that reference
鹿の肉を食べました!しかも、刺身で! from Kuraoka Mikihito Notes

Home > > 鹿の肉を食べました!しかも、刺身で!